平成30年度 厚生労働省委託事業
パワーハラスメント対策専門家養成研修

パワーハラスメント対策専門家養成研修 > 研修情報(2018年10月17日-18日,愛知県)
定員枠に達したため、受付終了となりました。
なおキャンセル待ちの受付はしておりません。ご了承ください。

スケジュール [終了しました]

(1日目)2018年10月17日(水) 09:30~16:30
(2日目)2018年10月18日(木) 09:30~16:30 (2日とも昼休み1時間他、適宜休憩を取ります)

受講料

無料

定員

50名(申込み先着順。定員に達し次第受付を締め切ります)

対象者

企業内で人事労務等を担当する方、経済団体・労働組合の方、社会保険労務士、安全衛生管理者、産業医、保健師等産業保健スタッフ、臨床心理士、産業カウンセラーなど
※個人の方のご参加はご遠慮いただいております。
※ご応募に当たりご所属や保有資格を確認させていただく場合があります。

講演

21世紀職業財団 ハラスメント防止研修客員講師

カリキュラム  ※内容は変更することがあります。
          ※ご案内リーフレットの内容と異なる場合はこのページの情報が最新となります。

テ ー マ 内   容
1. 職場のパワーハラスメントとは
  パワーハラスメントの現状と課題
・パワーハラスメントが発生する社会的背景
・ハラスメントの現状~最新の実態調査等より
・パワーハラスメント対策の課題
2. 職場のパワーハラスメントを予防・解決するために ・企業にとっての意義
・「パワハラ対策マニュアル」に基づく7つの取組み
・「好事例集」から7つの取組み具体例紹介
・事例検討(グループワーク)
3. パワーハラスメント関連の裁判例 ・関連裁判例の解説
厚労省ポータルサイト「あかるい職場応援団」に掲載されているものの中から、パワハラ裁判史上注目すべき判例となったものを「6類型」に沿って選定、解説。
4. ハラスメント相談への対応 ・相談窓口の設置、運用
・相談担当者の養成
・相談担当者の具体的対応※ロールプレイ含む
5. 労働者が生き生き働くための施策と関連法令等
  働きやすい職場環境作りと働き方改革
・「働き方改革」の最新事情
・ワークライフバランス
・関係法令等
6. メンタルヘルスへの対応 ・メンタルヘルスの現状と課題
・労働者の心の健康の保持のための指針
・ストレスチェック制度
7. 職場におけるコミュニケーション ・マネジメント(アサーション、アンガーコントロール、フィードバック等)
・事例演習

テキスト

オリジナルテキストを配布します。

TKP名駅桜通口カンファレンスセンター ホール3D

所在地 愛知県名古屋市中村区名駅3-13-5

お問い合わせ先

主催 公益財団法人 21世紀職業財団
所在地 東京都文京区本郷1-33-13
電話番号 03-5844-1663
FAX 03-5844-1670
担当 公益財団法人 21世紀職業財団
受託事業事務局